2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 残念なニュース | トップページ | 早いものでもう3月・・・。 »

2016年2月20日 (土)

悲しい事故がまた

またも通学途中の小学生をトラックがはねる死亡事故が起こりました。もう、何と言ったらいいか・・・、胸が苦しくなります。特に、同じ年頃の子供を持つ親は強い不安感を持っていると思います。

車を運転する限り、死亡事故の加害者になる確率は、毎日、毎回、必ず100%あるのです。道路は生ものですから、教習所で習った事だけしていてもダメ。その都度、状況は刻々と変化します。また、運転者の体調や天候など・・・様々な状況で、いつ事故が起こってもおかしくないのです。「自分は絶対に事故を起こさない」なんてありえませんよね。。。車は殺人機です。

特に、平日の朝の7時から9時、14時から18時頃、休日や長期休暇の時期は、子供の飛び出しにはすごく気をつけますよね?高速道路や自動車専用道路の方がどれだけ神経が楽か。。。これは「自動車同士だったら事故が起きても良い」、という事ではなく、、特に特に小さな子供と老人などの歩行者には、細心の注意を払わないといけない、という 事です。

それも、青で横断歩道を渡っているのに・・・・信じられません。それも、今回の事故の画像をみると、トラックは少しも減速しているように見えません。ありえません!もし、少しでも減速していたら・・・、命まで奪うこともなかったかも知れません。確かに、左&折の時の死角は怖いです。。だからこそ、目視をしても不十分だと思って・・・・人が居なくても、左折、右折は一旦停止&徐行だと肝に銘じて運転しましょう。

数秒前まで元気でいた我が子が、目の前で一瞬に亡くなってしまうなんて。そのトラックが気づかずに走り去るなんて、、、。

小さな息子に交通ルールを何と教えれば良いのか。

「信号が青でもすぐに渡ったらだめ」「道路や駐車場では絶対に走らない」「いつ車がぶつかってくるから分からないよ」・・・・。うーん。。。

そう言えば、「自分以外はみんな異常者だ」と思う事が一番だ、と何かに書いてあったなぁ~。。

« 残念なニュース | トップページ | 早いものでもう3月・・・。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188847/63238164

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しい事故がまた:

« 残念なニュース | トップページ | 早いものでもう3月・・・。 »